« お花見の是非 | トップページ | 水路がモッコリ »

2011年4月 5日 (火)

東電の危機管理

Photo_2

東京電力の協力会社社員が、地震後津波に巻き込まれ、

死亡したとのニュースを聞き思ったのだけど、

東京電力という会社の危機管理はどうなってるの??

普段から、「危機管理教育」が厳しく行われていたら、

あんな大きな地震の直後に、海に近い建物に行くだろうか?

まさか、人命より被害状況確認が優先 と?

海の近くの原子力発電所なんだから、

地震後の津波の影響について、教育されていないはずがない。

自己判断で行動したの? んなわけないよねぇ?

強震度の地震の直後は、どこどこに避難し、

まずは身の安全を守ること! というのが最優先でしょ?

テレビで東電の会見を見てても、後手に回ってる様子が否めない。

第一に情報の出し方が下手、報告の順序がチグハグ。

非常事態のシナリオは用意されていなかったのだろうか。

東電の予想していた最悪の事態とは、どの程度だったのだろう。

ニュースを聞くたびに、怒りのバロメーターが上がってゆく。

あ、いっけねー、これは犬ブログだった。

とにかく、一刻も早く汚染水の流出を止めてほしい。

映画「アルマゲドン」みたいに、掘削のヒーローならぬ、

汚染水止めのヒーロー、出てきて。(祈)

Photo

原発近くのエリアで、ペットの救助を行っている人達に感謝。

頭が下がります。

 
ランキングに参加ちう。
 ↓↓ 
福島頑張る、私も頑張る

ペットの命、人間と同じ。

|
|

« お花見の是非 | トップページ | 水路がモッコリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1264323/39505054

この記事へのトラックバック一覧です: 東電の危機管理:

« お花見の是非 | トップページ | 水路がモッコリ »